ライザップのトレーナーの役職、肩書

ライザップのトレーナーには、一般の会社と同じく役職、肩書が有ります。

因みに、私のトレーナーさんでいうと、初代と二代目の方は役職の付いていない方でした。

三代目のトレーナーさんは、チーフトレーナーでした。

ライザップのトレーナーの役職、肩書について、ゲストの立場から綴ってみようと思います。

サトちゃんサトちゃん

蛇足ですが、ライザップのトレーナーの肩書、役職は完全実力主義になります。

年功序列は関係無いとの事ですので、肩書が上の方は、経験と実績の有るトレーナーさんになります。

これは、トレーナーを選ぶ際の1つの目安になるかと思います。

ライザップのトレーナーの役職と肩書き




トレーナー

ライザップのトレーナーは、『トレーナー』、或いは『パーソナルトレーナー』という肩書でスタートします。

前述の通り、私の担当トレーナーで言うと、初代と二代目の方がこの肩書きでした。

チーフトレーナー

トレーナーから一つ昇格した役職、肩書きが、チーフトレーナーになります。

私の担当トレーナーで言うと、三代目の方がチーフトレーナーでした。

因みに、嫁ちゃんの担当トレーナー(女性)もチーフトレーナーでした。

サトちゃんサトちゃん

余談ですが、チーフトレーナーだった私の三代目のトレーナー氏は、確かに慣れている感が有りました。

比較的直ぐに私の筋力を見極め、私の限界を少し超える負荷でトレーニングをしてくれ、終了後はいつも爽快感で一杯でした。

アドバンスチーフトレーナー

チーフトレーナーから更に昇進すると、アドバンスチーフトレーナーになります。

因みに、柏店の店舗責任者、いわゆる店長を兼務なさっているH沢トレーナーの肩書、役職もアドバンスチーフトレーナーになります。

そして、柏店の自慢のスーパートレーナー、H山教授もアドバンスチーフトレーナーです。

コーチングトレーナー

ライザップのトレーナーの肩書、役職の最高位がコーチングトレーナーになります。

コーチングトレーナーになると、他のトレーナーさんの指導も担う様で、柏店でマシンルームのグループトレーニングを導入する際、コーチングトレーナーが来店して研修を行ったそうです。

RIZAPのトレーナーの役職と肩書き

ライザップのトレーナーの役職、肩書を紹介したのは、これからライザップを始める方がトレーナーの希望、リクエストをする際の1つの目安、参考になるからです。

簡単に申し上げれば、役職、肩書が上の方は、経験が有り、ゲストさんへの指導に慣れている方と言えます。

サトちゃんサトちゃん

念の為に申し添えますが、私の初代トレーナーさんは、平のトレーナーでしたが、名伯楽でした。

当サイトで何回も綴っています通り、ライザップでの成功の可否は、担当トレーナーとの相性が重要になります。

信頼出来、自分が好きになれるトレーナーに担当して貰うのが絶対条件と言えます。

これからライザップを始める方は、どんなトレーナーに担当して貰いたいか、自分の希望をリクエストすべきです!

ただ、どの様なトレーナーが良いかを言葉で説明するのは難しい事なのも解ります。

そこで、1つの目安とし、沢山のゲストさんを指導してきた経験の有るベテランのトレーナーさんを希望するという意味で、役職、肩書の有るトレーナーさんをお願いするのも良いかと思います。

ライザップのトレーナーについて、深く掘り下げて考察している記事はこちら↓↓




ライザップをお得にスタートする方法

ライザップに興味が有るモノの、その値段がネックとなって悩んでいる方は少なく無い事でしょう。

ライザップのコースと価格

ライザップでは、一番スタンダードなコースが入会金5万円(税別)+コース代金29万8千円(税別)となっています。

庶民には中々大きな金額ですよね。

そこで、ライザップをお得に始める方法をご紹介します。

それは!

会員からの紹介制度を利用し、特典を受ける事になります。

ライザップの紹介制度

ライザップの友人紹介制度

ライザップでは、会員からの紹介で、紹介特典が受けられます!

サトちゃんサトちゃん

因みに、私もこの会員からの紹介制度を利用して入会しました。

私は紹介特典で、お得にライザップをスタートさせています。

紹介制度、及び紹介特典の詳しい内容を知りたい方は、問い合わせフォームからご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら⇒お問い合わせ

これからライザップをスタートする方は、是非!この会員からの紹介制度を利用する事をお勧めします。

当サイトをご訪問下さり、私の体験と想いに共感して下さった方は、皆さん私のお友達です!

私が紹介者になりますので、是非!紹介者制度を利用して、お得にライザップをスタートして下さい!

ライザップの料金と紹介者制度について、更に詳しくはこちら↓↓